トップ

自転車の手入れ不足は事故の原因

近所の移動に便利、通勤・通学手段、車を維持するより経済的に負担が少ない、運動にもなる、エコだから、趣味も兼ねてと様々な理由で私たちは自転車を日常的な乗り物として愛用しています。

しかし車やバイクはオイル交換、定期的な点検修理、汚れたらきれいにするなどマメにメンテナンスすることが多いですが、普段使いの自転車となると,毎日なのでしばらく調子が悪くても気付かない、気付いてもすぐに修理しないということがあるかもしれません。
しかしそのままだと、自転車が走行中に壊れてしまい、自分がケガをする、事故を起こしてしまい人にケガをさせる、物を壊してしまうという悲惨な事態が生じるかもしれません。
自転車保険を検討の方におすすめ情報サイト。

自転車は気軽に買えるので、買った後はメンテナンス不要というような意識が大勢の人に潜在的にあるかもしれません。部品が壊れてから修理という気持ちもあります。しかし定期的なメンテナンスを忘れたことが思わぬ事故の原因になるのです。
ブレーキが効きにくくなっていれば、急停止が難しくなります。タイヤの空気圧が低い状態のままなら、パンクしやすくなるだけでなく、操作性も悪くなりふらついたりこけたりする可能性も高くなります。
ですから自転車にも定期的にメンテナンスが必要という意識を持つことと、その習慣を実行することが事故を防ぎ快適に自転車ライフを満喫する鍵です。

自分自身でメンテナンスできれば問題ないですが、そうでない場合はどうしたらいいのでしょうか。サイクルショップには自転車技師、自転車整備士といった資格をもった人がいる店があります。そうした店で定期的なメンテナンスを依頼できるでしょう。

自転車は毎日の生活に欠かせないアイテムになっています。だからこそ愛着を持って定期的なメンテナンスを行い、安全かつ長く乗り続けられるようにしたいものです。